スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2011年10月28日

思い出したように、月

このブログを始めるにあたって、これまで佐渡に来てから撮った写真を整理していました。
そういえば星にびっくりしたんだなって、まだわずか半年前のことなのに
結構当たり前になりつつある。
感覚の新鮮さを保つって難しい。
ここに書くことによって、アンテナをもっと敏感にさせたいなあ。

さすがに星は写真にうまく撮れませんので、
月を載せてみます。

まずはフェリーから夜に見えた月。


海がすごく穏やかな日で、水面にうつる光を見ながら
月ってこんなに眩しかったんだ!って、知った。

もう一つ、ふと見た瞬間びっくりした月。


遠くの山の稜線まで浮かび上がって見えるのには感動しました。
なんというかあまりいい言葉は浮かばないのですが、
本当に心で受け止めた時っていうのは言葉にならないものなのかも。
(だからこそ、言葉にならないって言葉があるのかも)

こんな瞬間を、見逃さないようにしたいですね。  


Posted by mon-amie at 21:50Comments(2)佐渡の風景

2011年10月27日

たまにはパンを

朝テレビを見ておりましたら、「木枯らし1号が・・・」なんてニュースになっていました。
それではたと気付いた。

ん?こっちでは木枯らしっていつ吹いた?

調べてみた。
木枯らし1号というのは、東京と大阪でしか発表されないんですねー。
それもそうか。佐渡なんて年がら年中強風が吹いてるので、一体いつが木枯らしだったかなんて
定義するには及びませぬ、いいからさっさと冬支度をせよ
というところでしょうか。
今日はお日様が出たので日中は過ごしやすかったです。
この先もいい天気が続きそうで嬉しい。

そんな今日は、お米を5合炊いたのに間違って水を4号分しか入れませんでした。炊き上がった歯ごたえのあるごはんを、夫婦二人でもきゅもきゅいいながら食べるはめに。
おかげで歯と顎が強くなったような気がします。
反省しきりの私に、主人から
「失敗を繰り返してこそ前に進むことができるのだ」
と哲学者の如き有り難い一言を頂戴しました。

ほんとすみません。以後気をつけます。

このように(どのように?)我が家は基本的には米食なのですが
たまに無性にパンを食べたくなる時もありますよね。
そんなときの御用達を紹介します。



「パン工房 喜昇堂」さん。
人気のお店で、午後に行くと殆ど物が無かったりします・・・
昼までが勝負。

本日のチョイスはこちら!


写真上より左回りに
エビカツサンド
クロワッサン
スイートポテト
この3つ。

グルメレポを真面目にするのは初めてですが、頑張って書いてみます。
icon28エビカツサンド
主役のエビカツは厚さ2センチ。思わず定規で計測してしまいました。
ほんのりしたエビの甘さ、そして食べ応えもしっかりあります。
エビのプリプリ感と、ソースに入っている玉ねぎおよびレタスのシャキシャキ感の対比が楽しい。
かかっているソースはなんだろう?タルタルとオーロラのあいのこみたいな・・・

icon28クロワッサン
シンプルな味だけに素材の良さが光ります。
島内では超メジャーな佐渡牛乳と佐渡バターをふんだんに使用していて、
なんと仕込から3日間もかかるんだとか!!
そして大きい。もはやエビカツを凌いでいるのでは?(遠近法のせいではないのです)
私がゲットしたお昼の時点で残り1つでした。
ちょびっとバターつけて食すのがお勧め。

icon28スイートポテト
今が旬のサツマイモですね。
ぱっと見の大きさに反して、ぎっしりずっしりです。
ほっこりした、なんというか、イモだなあ~という実感。

さすがの私もおなかいっぱいです。
つまり続いては、デザートicon22


ジャージー牛乳のプリンicon06別腹icon06

おいしいショートケーキに乗っている生クリームをとろとろにして食べているという感じ。
いわゆる固まっているプリンとは全く違います。
女の子が幸せになれる味です。一人でにんまりしてしまう。
あとビンもちょっと可愛いので、洗って何かに再利用できないかしら?

随分食べてしまいました。
他にも色々な種類があるので、また気が向いたら行ってみよう!!


喜昇堂
佐渡市八幡1156
7:00~18:00
定休日:水  


Posted by mon-amie at 22:43Comments(8)佐渡のグルメ

2011年10月26日

真のご馳走

今日はちょっと用事があって夜まで外出したので、
主人同意のもと晩ごはんは手抜き。
この手抜きが実はたまらなく良いのです。色んな意味で。

お目当てはスーパーのこれ!!



佐渡産のお刺身です。本日はいなだ。
数えましたらおおよそ50切ほど入っていて、298円・・・
これを二人で分けるのです。(食べ過ぎ)

ちなみに今の時期、ぶりも出始めました。もう少し量は少ないですが、同じ値段で購入できます。
さばかれていない状態だと、本日はいなだ1尾で100円。
ぶりは1尾で580円、で出てました。
味は勿論お墨付き!!

頑張って料理するよりも、このほうが失敗ないというのは複雑なところですね。
ツマで入っていた大根は、人参と合わせてサラダに生まれ変わりましたとさ。

ところで、皆様はクロネコヤマトさんのトラックを凝視したことありますか?
私は見つけてしまったのだ。というのは先日の話で、本日ようやく写真に収めてきました。



前輪に黄色いあしあと二つ!なんてめんこいんだ!!

これは日本全国共通なんでしょうか。
佐渡営業所限定なんでしょうか。
なごみますな。  


Posted by mon-amie at 21:37Comments(4)佐渡のグルメ

2011年10月25日

お休みの日&風邪対策

一昨日のブログに、下界から見た山の写真を載せましたね。
日曜日に山の方に行ってみたのです・・・が、残念ながら上の方はすっかり雲に覆われてしまっていて
肝心の紅葉はおろか、視界は真っ白face07
あまり絵になる状況ではなかったので、残念ながらお預けです。

ガイドブックで佐渡といえば、こんな写真を見たことありませんか?



「道遊の割戸」といいまして、佐渡の相川金山の跡にあります。
金山についてはまたいずれ詳しく書きますが、
超簡単に言えば金を掘り進めていたら山が真っ二つになっちゃいました、ってやつです。

話を戻して、この道遊の割戸を上から望むことができました。



上にかかっているのは雲。
陽の光をうけて光っているのは海です。
そしてど真ん中に、真っ二つの山が見えています。

昔とある方が
「どこか景色を見に行った時、晴れていたらそれはそれで嬉しいけれど
雲がかかっているっていいよね、二度と同じ表情は見えないわけだから」
とおっしゃっていて目から鱗だったことがありますが
幻想的な面白さというのを歳を重ねることに味わうことが出来るようになってきた気がします。
何も見えないというのはまあ、アレですが・・・

体調のほうはもう大丈夫だと思われます。
風邪、喉から来る私はいままで沢山のものを試してみましたが(大根おろしに蜂蜜とか、花梨とか)
お店で働いていたこともあり、なかなか黙ってばかりいるわけにもいかなくて
一度痛めると1週間くらいかかるのが普通でした。
しかし今回は静かにしていたこともあるけど、なんと2日で完治した!!
試したのはコレ↓

(使いかけですみません)

退職するときにスタッフさんから戴いた生姜紅茶に、
家にあった良さそうなもの・・・牛乳、蜂蜜、チューブの生姜までとにかく効きそうなものを混ぜてみた(笑)
さらにパブロン、イソジン。
効果てきめんでしたねえ。お勧めです。
今年は生姜流行ってるらしいので、色々売ってるのではないかな。(とテレビで今日言っていた)

佐渡も今日あたりから寒くなってきました。
南瓜を煮ましたよ。
皆様もご自愛くださいませ。
  


Posted by mon-amie at 21:43Comments(2)佐渡の風景

2011年10月24日

珍客

夏の掘り出しネタです。

7月も終わろうかというとある夜のこと。
ふと窓の外を見ると・・・なんか、いる。





カエル氏ではないですかicon06

今まで私が暮らしていた場所は、畑こそあれども田んぼは殆どありませんでした。
なので佐渡に来て初めての夏、カエルの鳴き声が一面に響き渡るようになった時分には
すごい!カエルだ!とテンションが上がり、
こんなに鳴いてるのになかなか姿は見ないなぁと気付き、
それにしてもうるさいな、と・・・いや、自然が豊かだなと。

さてこのカエル氏が登場したのは2階にあるベランダ。
どうやって登ってきたんだろう?途方もない道のりだっただろうに。

そして彼は一晩うちに泊まっていきました。
翌朝



お、まだいた。

はてここから飛び降りるべきか、どうするか?
田んぼに帰るためには道路を渡らなければいけません。



下を見下ろしながら熟慮中。
これがほんとの 「かんガエル」

夕方にはいなくなっていました。
「無事カエル」であったことを切に祈るばかりです。

そしてその数日後、服を着替えようとクローゼットの前に立ったら
なにやら横から視線を感じる・・・




今度は覗きかよ!!  


Posted by mon-amie at 21:50Comments(4)佐渡の生活

2011年10月23日

秋到来

佐渡は「海の上の島」というイメージがありますが、
ちゃんとした山地が2つあります。
ひとつは島最高峰の金北山(標高1172m)を含む、島の北に位置する大佐渡山地。
もうひとつは南に位置する小佐渡山地。こちらの方が低めです。
ちなみにこの二つの山地に挟まれているのが国仲平野、中央を横切る国道350号線を挟んで豊かな田園風景が広がっています。

さてご多分にもれず、佐渡にも秋がやってきています。

遠目に見ても山が上から染まり始めたので、ちょっと写真を撮りに行きました。



上半分が赤くなっているのがお分かりいただけますでしょうか?

このいい時期はあっという間なんだろうなと思いつつ。
すがすがしい秋晴れで、愛車(チャリ)を走らせていると涼風が心地よく感じられます。
実はこの大佐渡山地には、大佐渡スカイラインという無料自動車道路があります。
きっと間近で見ると燃えるような紅葉が広がっているんだろうな。



  


Posted by mon-amie at 13:03Comments(2)佐渡の風景

2011年10月23日

プロローグ~まずは自己紹介をば。

すっかり秋めいてきました今日このごろ・・・
はじめまして。皆様お風邪など召されていませんか?

私は完全な風邪っぴきです。(のっけから)

一昨日の夜から喉に違和感を感じ、昨日は完全に痛くなり、今日は喉の痛みは若干ひきつつありますが
さきほど熱を計ったら軽度の微熱。
気をつけねばなりませんね。

さて少し自己紹介をします。
2011年春に結婚し、5月1日に佐渡島に引っ越してきて主婦生活を開始。
今まで会社勤め&実家暮らしだったため(←言い訳)ほとんど家事はやらないダメ娘で、
しかし周囲の先輩花嫁から「なんとかなるよ」と言われた言葉を信じ続け、
まあなんとかなるかという気持ちで海を渡りました。
正確には、「なんとかなる」というより「なんとかする」ということですね。
初めて作ったのはハンバーグでした。

海無し県埼玉から来た私にとって、佐渡は完全に未知の領域でした。
実際この結婚が決まって「佐渡島に行く」と公表したところ、
「何県ですか?福岡?」
「ロケットが打ち上がるとこですよね」(それは種子島だ)
「佐渡って何で行くんですか?船ですか?」
「機会があれば行ってみたい」(今来てください!)

・・・もちろん正しい知識をお持ちの方も沢山いらっしゃいます。が、
知らない人は知らない。近いようで遠い島。
あ、トキが有名ですよね。あとは?
という認識の方が結構多いのではないかと思います。
現にうちの母は初めて佐渡に来た時、船の中から島を見た瞬間に発した言葉が
「これって中国?」でしたから。ただの方向音痴か天然ボケか意見が分かれるところです。

前置きが長くなりましたが、他地方にお住まいの皆様に
同じく他地方から移り住んだ私の紹介を通して、
「佐渡ってこんな島なんだ!」と知っていただければと思います。
観光ガイドに載っていない、ちょっとした生活密着情報なども少しずつ書いていきたいです。

冒頭にも書きました通り季節はすっかり秋ですが、
私がここに来てから半年に見たもののこともひっくり返していきますね。

というわけでまずは長い前置きでした。



  


Posted by mon-amie at 12:32Comments(2)