スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2011年11月13日

温泉でも行こうか。

寒くなってきたし。・・・って、夏も行ってましたけど・・・

というわけで今日は温泉です。
佐渡島内には4つの泉質の温泉が点在しているんだそうです。
島内にある多くの旅館で温泉に入ることができるので
それも旅の楽しみの一つですよね。
住人である私たちが行くのはもっぱら日帰り温泉なのですが
昨日のところは初めてでした。



新穂潟上温泉。
(夜に行ったので写真はわけわからないかもしれません)
フェリーの着く両津から車で約10分ほどのところで、
近くにはトキを観察できるトキの森公園などがあります。

ここには2つの泉質の温泉に入ることができます。
一つは大浴場のある「熱の湯」
もう一つは佐渡最古の湯といわれる「さぎの湯」。
この二つの湯は、同じ建物内ですが別々の場所にあり
料金も別となっています。

さて入口脇ではこんなものがお出迎え。

いかにも佐渡っぽいですね。海の廃材で作ったトキなんだそうです。

中に入ると、受付や地元の名産品販売コーナー、そして木の梁が印象的な天井の高いロビーがあります。
昨日はテレビで女子バレーをやっていたので、思わず見入ってしまいました・・・


さて女湯に向かいます。
肝心の浴室内の写真は残念ながらありません。ごめんなさい。
背の高いカギ付きロッカーが幾つかありましたので
旅の途中でちょっと荷物がある方でも、これなら安心して利用することができますよね。
やはり地元の方が多いので、耳を澄ませていると純正佐渡弁による雑談の数々を楽しめます。
浴室内には大きめの浴槽があり、右側は普通、左側では足元から湧き上がる泡に打たれることができます。(私はここでぼーっとしてました)
事前情報で「熱いらしい」と聞いていて、湯の名前も「熱の湯」なのでどれほどだろうと覚悟していたのですが
思ったほどではなく、しかしよく温まります。40度ちょいというところらしい。
浴槽に腰かけて膝から下だけ浸かっていても充分なくらい。
サウナも併設されていました。

【熱の湯】 全身浴・気泡浴・サウナ・水風呂

温泉の特徴
【泉質】ナトリウム‐塩化物温泉
(中性高帳性温泉)
【効能】神経痛・やけど・切り傷・慢性皮膚病・外傷・婦人病・慢性的な筋、関節痛・手足の冷え・打ち身・五十肩・運動麻痺・慢性消化器病・病後回復期・疲労解消・健康増進
【完備】リンスインシャンプー・ボディソープ・せっけん

ロビーの横にはトレーニングルームなる名前の部屋がありましたが
一体何をトレーニングするのだろう?という若干不思議な空間でした。
血圧測定機、マッサージチェア、輪投げ、UFOキャッチャー、小さめ滑り台、
壁にはソフトクリームのポスター などなど・・・
暗かったからちょっと不気味に見えているのが申し訳ないです。
きっと昼間は明るい憩いの場なはずです。はい。







周囲には目立った建物もなく、光が少なかったせいもあり
丸い月の光が非常に印象的な夜でした。
ゆったりと自然の恵みを堪能するのはいいものですよね!

実は行きつけの温泉が他にもあるので
またレポしますねー。


  


Posted by mon-amie at 15:58Comments(0)佐渡の生活