スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2011年12月15日

かみなり

明日は雪らしいですねー。
昨夜から今朝にかけて、佐渡では時々雷が鳴っておりました。
「これは雪起こしの雷っていうんだよ」、と主人が教えてくれた。

それで思い出したんだな~
中学の時の合唱コンクール。

3年生のときの課題曲に、「寒ブリの歌」というのがありました。
うちのクラスは歌わなかったのだけれど
とても印象深い曲だったのでよく覚えてる。

しぐれて しぐれて 氷見の海
雪降る  雪降る  氷見の海
ぶんぶんぶんぶんブリブリ ぶるんぶるんぶるんぶるんブリブリ
氷見の海は  ブリの海だよ

真冬の暗い空に ブリ起こしのかみなりが
荒れて とどろいて ブリを呼ぶ
ぶんぶんぶんぶんブリブリ ぶるんぶるんぶるんぶるんブリブリ
ブリたちが来る 群れをなして来る
来る 来る 来る

氷見の海原は ブリの通り道
押し合い へし合い ブリたちの大群が
寄せて来る 来る 来る 来る

海のいのちが あふれて
生きてる 跳ねてる 寒ブリ
こぼれる涙も あるだろうに
大きな目玉を 見開いて
力いっぱい  つめたい海を
泳いで育った 越の寒ブリ

ひえるよ ひえるよ 氷見の海
雪降る  雪降る  氷見の海
ぶんぶんぶんぶんブリブリ ぶるんぶるんぶるんぶるんブリブリ
氷見の海は  ブリの海だよ

それ!

ぶんぶんぶんぶんブリブリ ぶるんぶるんぶるんぶるんブリブリ
氷見の海は  ブリの海だよ



拾い物ですが↓
http://youtu.be/J_bH6TLGW-c


こんなような感じでした。
ちょっと長くなってしまいましたが、
つまりこの時期の日本海側の雷というのは本格的な冬の到来を告げるものであるということです。
この雷は、調べてみると各県で様々な呼称が付いています。
上に挙げた寒ブリの歌は富山県・氷見が舞台ですが、北陸地方ではブリ起こしの雷、雪起こしの雷、
また東北の沿岸ではハタハタ雷と呼んだりもしているようです。
(ハタハタは冬の雷が鳴る日、一気に沖から岸めがけ押し寄せ海草に産卵する習性を持っているらしい)

関東では冬に雷ってあまり聞きませんが
こちらでは「春一番のような(主人談)」存在なのですね。

しかし一昨日スーパーで買ったブリのサク、期待を裏切らない・・・いや期待以上の旨さでした。
思わず笑いが止まらなくなってしまった。

  


Posted by mon-amie at 23:47Comments(4)佐渡の生活

2011年12月15日

地味~に感心した話

今日はとてつもなく地味でとてつもなく生活密着型の話題です。
実は佐渡に来てかなり早い段階で「こりゃすごい!」と思ってはいたのですが
なかなか話題にするようなことでもないかな?と・・・

私たちの生活に欠かせない、ゴミ捨て場。
佐渡は素晴らしいほどこれが整備されています。
島内の(おそらく)ほぼ全てのゴミ捨て場が、市によってきちんと設置されているのです。





頑丈な金属製で、都会のようにカラスが生ゴミの袋を開けて食いちぎっていたりとか
野良猫が荒らしたりとか、ってことがまずありません。
蓋の上にはゴミの種類と曜日がきちんと書かれています。
これが比較的狭い範囲に1つ、という感じで設置されているようです。
中には周辺の家の苗字がずらっと書いてあって、その家以外の人が入れることは断じて許されません。

きっと初期投資はかなりのものであったと推測されますが、
きっちりとルールが決まっていることで安心感のようなものがあります。
これは島ならではなのか、自治体によりけりなのか?

そもそも佐渡はカラスが少ないような印象。
駅前でゴミ引きちぎって暴れまくるカラスに道を塞がれて前に進めない、なんて経験をしてましたから
これは相当嬉しいです。
かわりにトンビが気持ちよさそうに大空をはばたいている様子が良く見られます。
ぴゅるるる~って、優雅ですよー。

これで道端のゴミがなくなれば言うことないのですが、こればっかりは・・・

せっかくの美しい島、住民のみならず遊びに来られる方も
この環境をちゃんと守っていきたいものですね。

この1日半、待ちに待った太陽が顔を出したおかげでてんやわんやでした。
布団干す?シーツ洗う?毛布洗う?どれからやるのー!!!
そしてまたこの先は雨・雪マークがずらり。
次のお日さまはいつになることやら・・・。

  


Posted by mon-amie at 00:12Comments(3)佐渡の生活