スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2012年03月31日

探しもの

今朝、黒いタイツを履いたら左足のつま先部分にチクリと痛みを感じました。
「食べ物に針混入」はたまにニュースで聞きますが、「タイツに針混入」はあまり聞いたことないし
そもそも初めて履いたわけでもないし。
なんだろう?とひっくり返してみてみたら、

イヤリングが出てきた。


そうだ、思い返せば一週間前の日曜日・・・

夜にイヤリング外そうとしたら片方なくて。
家の導線を確認したけれど見当たらず、翌朝掃除しても見つからず。
数ミリしかない小さなものだから半ば諦めて、忘れかけていた。

耳についていたはずのものがどうしてつま先から出てくるのでしょう。
マリック的な何かを感じます。(逆にいえば耳からタイツが出てくるようなものだ)
世の中まだまだ未知の世界があるような気がします。


先ほど病院に行ってきました。
家を出る前に検温したら36.9度、やはり少し微熱気味なのでいかにも病人面して行ったのですが
待合室で病状確認しながら再度検温したら、平熱でした。
恥ずかしくてこのまま家に帰ろうかと思いました。
でもその刹那、うまい具合に(?)咳き込んだのでなんとか病人面を保つことができました。
なんだかもうよく分からない。

診察して即座に風邪と診断されました。
平熱の人がこんなこと言い出すのは非常に勇気がいったのですが
あまりにあっさりとしていたので念のため、
「あの、インフルエンザってことはないですよね?」と尋ねてしまったぐらいで。

ま、とりあえずよかったです。
二人の記念日はまだあるので(結婚式記念日は4月23日)、とりあえず明日は自宅でささやかに・・・かな?
こないだスーパーに佐渡牛がでていましたが、なかなかそれも美味しそうだったなあ。



風邪でも食欲はあるのです。  


Posted by mon-amie at 13:15Comments(0)雑談

2012年03月30日

近況報告

ここ数日プライベートで色々ありまして、
おもしろいこと、悲しいこと・・・
良くも悪くも心穏やかでない日々を送っておりましたところ

風邪を引きました。

頭と喉がやや痛く、鼻水とくしゃみはそれなりに。
熱も少しだけあるようです。寒気や関節痛などはありません。
ちょうど一年前の4月1日に入籍して、「エイプリルフールか?」と物議を醸した私たちは
嘘でもなんでもなくもうすぐ入籍一年を迎えようとしておりますが
このままだと盛り上がりに欠けてしまいそうだわ・・・うーん。

風邪ならいいのですが時期的にまだインフルの可能性も捨て切れない(←ちょうどお友達がblogに書いていた)ので
明日の朝まで様子を見て、医者に行くかどうか決めたいと思います。
久々の記事がこんなんでほんとすみません。寝ます。


写真  春の足音

  


Posted by mon-amie at 22:45Comments(2)雑談

2012年03月25日

で、こうなった。

木曜に仕込んだ塩麹の豚さま。
予定変更しまして、丸二日おいたあと焼いてみました~。

今日の献立はこちら



豚肉の塩麹ソテー トマトソース&にんじんのグラッセ添え
アボカドのグラタン
豆腐の味噌汁
新潟県産コシヒカリ

です。(豪華に見えなくてすみません)
塩麹から豚肉を取り出して余分な塩麹をぬぐう・・・の段階で、肉がとても柔らかくなっているのが分かった!!
焦げやすいという話を聞いたので、いつもより弱めの火で蓋しながらじっくり。
もちろん味付けもせず酒もふらず、半信半疑でしたが

ほんとだ、焼いても柔らかいしまろやかな塩味!!
これなら味付けのムラもないし、なにより発酵食品ということで体にもよさそうicon06
麹力、おそるべし。今頃体の中で働いてくれてるかな?
確かに一度やると他のものでも色々試してみたくなります。魚とかでもいいらしいですしね。
お勧め活用法ありましたら教えてくださいicon28

花粉飛び始めた割にまだ雪マーク。こっちだと関東より黄砂も多そうだな~。
春への歩みはまだまだゆっくりです。

  


Posted by mon-amie at 00:47Comments(0)雑談

2012年03月22日

主婦の流行りに手を染める

3月。
いつもは仕事が終われば真っ直ぐに家に帰ってくる主人ですが、
さすがにこの3月という時期はそうもいかないらしく、一カ月に4回飲み会やら食事会やらが入っています。
さてこういうとき、おひとりさま主婦はどうするか・・・
たまには羽を伸ばしてどっか食べに行っちゃえ!!ということにはならず、
「晩ごはんを作る」というモチベーションが著しく低下した挙句に
材料のいらない麻婆春雨キットを使用したり、美味しい刺身を買ってきたり、卵と納豆混ぜてみたり、ハムにマヨネーズつけてみたり
我ながら酷い有様だ。

ちょうど一年前までは家事は親にまかせっきりでしたので
相当年季の入った、しかし全く自慢にならないサボリっぷりがここぞとばかりに顔を出すのです。

これじゃいけないと思って考えた。

限りなく手をかけなくてよく、しかし何かしら手作り感を満喫することができ
なおかつ美味しくてちゃんとおなかいっぱいになるもの(注文が多い)


そうだ気になっていたものがあったじゃないか。
今をときめく・・・塩麹!!!


これだけフィーバーになると、佐渡の片田舎のスーパーでも「塩麹特設コーナー」がささやかに増設され
たった二種類の塩麹が置いてあるのです。いや二種類も塩麹が置いてあるのです。
自分で作ってもいいのだけれど、今回はお試しだから市販ので。
ターゲットは豚ロース。

んで、本日の晩ごはんが終わった後に仕込んでおきましたicon22
明日のおひとりさまディナーが楽しみですicon28

  


Posted by mon-amie at 23:52Comments(2)雑談

2012年03月21日

レアの顛末

自作レアチーズケーキ翌日の昼下がり、オナゴ二人が家に遊びに来ました。
一人は鯛焼きを買ってきてくれまして、
もう一人は


自作のレアチーズケーキを持ってきてくれた・・・


テレパシーなのかはたまた運命なのか。
私のはイチゴソースでしたが、彼女は生のイチゴを乗っけていました。
形はどうあれイチゴまで被ってしまったのだった。

というわけでレアチーズケーキ交換会。
私みたいに横着して(いや、レシピに書いてあったからさ←言い訳)電子レンジ大活用 ではなく
溶かしバターなんかもしっかり鍋でやったらしく、
ちょっと焦がしちゃって・・・なんて言っていたけれど。
言われなきゃ分からなかった、というか、言われても分からなかった。
んまかったです。ごちそうさまicon06

しかし、いくらチーズケーキ大好きな私でも二日で3ピースは明らかに食べ過ぎだと思うの。
というわけでチーズ系はまた衝動に突き動かされた際にやってみることにして、


次は何作ろうかな?
狙いは来月の結婚記念日です。
(なんと、もう一年たつんだな)
記念日っていいですよね、それにかこつけて美味しいもの高いもの食べに行けば
全然罪悪感が生じないので(笑)
佐渡牛食べに行きたいよ!!


東京は花粉が「非常に多い」そうですが、
この時期は電車に乗るとそこかしこて「ズルッ」て音が聞こえるものですicon11
新潟も北日本もまだ時により雪が舞っています。
この季節の変わり目は、狭い日本とはいえ環境の違いをつぶさに感じることができる時季でもありますね。

上越の地滑りの行方も気になるところです。
既に作付け出来ないことが決定してしまった田んぼもあるとのこと、
自然は恵みを与えてくれる一方で、一筋縄ではいかないもの。
少しでも被害が少なくおさまることを願っています。


  


Posted by mon-amie at 17:27Comments(0)雑談

2012年03月19日

たまには自作で。

いつかやってみよう、いつかやってみようって・・・
いつやるんだよ!

と自分に突っ込む作業を繰り返して早数カ月。
ようやくまた人生初のものに挑戦してみました。

レアですよ~





レアチーズケーキ!!
いちごのソースも自分で作ってみましたface01
背中のところが波打っているのは、あらかじめ型にラップを敷いていたためそのシワです。
うまく取り出せる勇気がなかったから、事前策ということで。

自分で作るとなんでも美味しく感じてしまう頼りない舌の私でありますので、
こういうときに嘘のつけない主人の性格が役に立つのです。
晩ごはんのあとのデザートとして試食していただくことにしました。

超緊張の一瞬の間のあと、


「んめ~!!」
(↑うちの主人を知ってる人なら、光景が想像できると思う)


羊のマネかと思いましたが、そういうわけではなかったようでほっとしました。
男性向けにはもうちょっと甘さを控えめにしてもいいかもとのご意見。なるほどこうして家庭の味が出来ていくのね。

ありがたくも及第点を頂戴し、初挑戦はとりあえず成功裏に終わりました。
実は明日お友達がやってくるから振る舞ってみようと思いまして。喜んでもらえるといいなあicon10


・・・そして次はベイクドに挑戦してみたい。(いつか)  


Posted by mon-amie at 01:05Comments(0)佐渡の生活

2012年03月16日

2日遅れでホワイトデー

夕方のこと、徐々に気温が下がり始めた街の中を
一台のオープンカーが走り抜けていくのを見た・・・


寒くない?


こういうことを言ってしまう時点で、オープンカーに乗るような水準の人間でないことがバレてしまうのですが
それはともかく、人によって気合の入れどころって本当に異なるのだということを再認識したのでした。

さて、2年分まとめてのホワイトデーを。
何度も前を通り過ぎながら今まで入ったことのなかったこちら、丸美亭さんにて。



正統派洋食屋さんといった感じでしょうか。
メニューは文字のみで黒々としていますが、じっくりとその文字を追っていくと
さりげなく美味しそうなものいっぱいあるじゃないの。なんとも想像をかきたてられるこの感じが心を惑わせます。



店内は4人掛けのテーブル席と大きな丸席とカウンター。
カウンターは予約の方が多いのかな?背後に居並ぶお酒の中にどんと広辞苑がディスプレイされているのが気になって仕方ない。でも洋酒のボトルと広辞苑って意外に相性が良い気がしました。
店内は若い方からご年配の方まで幅広かったです。
フロア担当のお母さんは「ママさん」風のオシャレな方で、「そんなの長い人生たいしたことないわよ!」って人生相談に乗ってくれそうなタイプ(想像)。

パスタが評判らしいのでお願いしてみました。チキントマトクリームです。
最大の特徴は箸で食べることかな?



まろやかですがクリーム系は多すぎると疲れる、しかしそのあたりが絶妙の量でした。
ああおなかいっぱい美味しかった~とちょうど満足できる。

主人のポークカツチーズ焼き。アングル完全無視ですみません。
ごはんにちょっとゴマがふってありますね。




次に行ったら絶対ハンバーグチーズグラタンを食べるんだ!!!


本日は星が綺麗です。
金星と木星が接近してるんでしたっけ?それもくっきりと。
冬は寒すぎたけれど、これからはまた星空も楽しめる季節になってきますねicon12  


Posted by mon-amie at 21:46Comments(2)佐渡のグルメ

2012年03月15日

しゃっくり撃退法

ここ数日、天気予報がいい方に外れてくれて助かっています。
大体午前中は晴れ。
午後になると徐々に雲が広がってきて、思い出したかのように雪がはらりはらりと舞い
夜は嵐がやってくる。
家事をやる側にとっては、まあありがたいサイクルです。
稀にちぎれ雲により急変して大慌てすることもありますが、それはそれで天気との駆け引きといった様相を呈しており
あまり変化の無い日常生活のちょっとしたスパイスって感じで。
まだ風は冷たいです。

そんな平穏な午後、静寂を切り裂くかのごとく響き渡るアレ。
犯人は自分自身・・・


ひくっ。


しゃっくりってどうしてこう無防備な状態の時に出るのか。
自分で発しているのに全く制御できないもどかしさといったらありません。
周囲に人がいれば笑われる。そして自分も笑ってしまいながらまた ひくっ、とやる無限ループ。
めんどくさいからって放っておくとそのうちエスカレートして、
ひぃー! とか きぃー! とか訳のわからない音になってくるのです。
私だけでしょうか?


効果てきめんなのは深呼吸です。


腹式ではなく、できるだけ体の浅い場所(上の方というのか)を使って深くやるのが一番効くというのが
今まで生きてきて得た結論です。
いまだに水を飲んだりとか誰かに頼んでびっくりさせてもらってる方がいたら試してみてください。
私はこの方法で何百人もの尊い命を救ってきました
大げさにいえば。でも止まるよ。

さて昨日はホワイトデーでしたね。
さすがにこの歳になると、バレンタインで告白してホワイトデーで成就なんていう甘酸っぱい話を聞くこともなくなってしまいました。でもこの素晴らしき日本文化を利用しないテはありません。
うちでは明日、ホワイトデー記念デートの予定です。
去年はバレンタインに私があげたきりの一方通行だったので、今回2年分が返ってくるらしい。
さあどこ行こうかな??
  


Posted by mon-amie at 16:40Comments(0)雑談

2012年03月12日

歌って踊れる

ちょっと振り返って土曜日の話。
新潟県で働くALT(学校にいる外国人英語教師の方ですね)の方々が、チャリティーのミュージカルをやるというので見に行ってきました。



このチャリティーミュージアムは98年から行われているそうですが、2004年からはパプアニューギニアの教育支援が目的となっています。
「2000円」という額、皆様はどのようにお感じになりますか?
東京ではちょっとしたランチを2回食べれば終わってしまうようなこの金額で、
パプアニューギニアでは1年間に子どもが1人学校に通うことができ、また必要物資や教師の給料までもがまかなえるのだそうです。

さて、ミュージカルのタイトルは「アラジン」。
そう、あのアラジンの・・・コメディー仕立て・・・だったのですが


オール英語。


ストーリー展開分からず(笑)

そして分からないところにいきなりドラえもんが登場したり、ぽぽぽぽーんの「こんばんワニ」が登場したり、ほぼパニック状態でした。
とりあえず最後はハッピーエンドで終わった(らしい)

そんなもので何を見ていたかというと、出演者の皆様のキレキレなダンス!
ALTって歌って踊れなければなれないのか?と思わされるほどの、色鮮やかなステージでした。
小物や衣裳も凝って作られていました。
なんと2時間を越える本格的なステージで、これにいたるまでの練習や準備はいかばかりであっただろうと。あくまで仕事の傍らなんですよね。
このバイタリティーはさすがです。
佐渡を含め、新潟県内6ヵ所で公演をされているということでした。

面白いなあと思ったのは、途中15分間の休憩時間。
出演者もそこらへんの自動販売機でコーラ買って普通に立ち飲み、談笑していたのですが
きっと日本人だったら「集中力を切らさず」「後半の確認をする」という真面目な過ごし方するんじゃないかな?
大きな規模のステージなのにこのあたりのフランクさ、あらためて事前の練習量に裏付けられた自信なんだろうなと感心してしまいました。

ささやかながら、異国の地の子どもたちのお役に立てたでしょうか。  


Posted by mon-amie at 17:25Comments(2)雑談

2012年03月11日

3.11をむかえて

1年といっても人によって、また「何をもとに振り返るか」によって時間の感覚は変わる。
5月に佐渡に来て、家具搬入やら荷物整理やらしていたのはとても昔のように感じるのに
3.11のあの瞬間はまるで昨日のことのようだ。

結婚に向け、退職前に仕事の有休をいただいていたあの頃は
毎日がのんびり穏やかで。
なんかちょっと出かけようかな、と思っていた矢先のことだった。
ふらっと眩暈かな?から始まって、いや違う地震だ、しかもちょっと大きいぞと部屋の椅子につかまり、
「地震は長くても数十秒でおさまる」という教えを思い出していた・・・のに全然おさまらず
焦った頭で思い立って、大事な楽器をがっと掴んで玄関のドアを開けにいった。
テレビの生中継で流れてきた津波の映像を食い入るように見つめていたものの
この大きな津波って、この画面に映ってないところにも勿論来てるんだよね?って当たり前のことにはっと気付いたのはしばらくたってからだった。
その瞬間からふと冷静になり、そういえば沿岸部に友人がいたはず・・・とか芋づる式に思い出して。


一年か。


前に進むために、同じ過ちを繰り返さないために、
知ることと記憶に残すことは(特に直接の被害者でない私たちにとって)必要だと思う。
今日は地域の消防署に行ってきました。



本日、大震災に関する展示が行われていたのです。
まずは3.11に関する資料、新聞等のコーナー。



1階と2階を利用し、見るだけでなく体験できるものも。
避難所の環境



泥水をろ過する実験。
炭と布をペットボトルを切ったものに重ねて入れ、泥水を上から注ぐと
透明になって落ちてきます。



液状化のメカニズムも分かりやすく実験にて。
水を含んだ土を水槽の横から金槌でたたいていくと、みるみるうちに水が上に溜まってきて建物が傾いてしまう。


同じ場所にあった掲示です。
下段左側に写っている、新潟地震の液状化で団地が倒れたものはかなりショッキング。



新潟市はことさら、その豊富な水が豊かな農業環境を作り出しているものの
反面、かつてより水害に苦しめられてきた地域。
今でも巨大地震が起きれば、市内全域で液状化被害が発生する可能性があるのです。

佐渡市の消防も勿論、被災地に応援に行ったそうです。
その際の写真



海沿いに住んでいる以上、知っておかねばならぬ津波のメカニズム。
今まで内陸で生活していたので基本的な知識を学ぶのは必要です。
この1年、盛んに津波についてメディアでも説明がなされてきましたね。



その津波は佐渡にどのように襲ってくるか。



これも知っておかねばならない、避難所の場所。
意外と沢山あることを知りましたが、災害の種類により向かう場所も判断せねばなりません。



親子連れでにぎわっていた各種体験コーナー。
このような日に、家族そろって災害時の対応について話し合っておくのは必要ですよね。




他にも、非常食の試食から過去に佐渡で起きた災害等、沢山の情報が詰まっていました。
この間の佐渡の地震でよく分かりましたが、いざというときは冷静な判断も失われるし、なにより体が動かなくなってしまう。
自分がそのときどれだけ冷静さを保てるか、それは日頃から確認を怠らないこと。
そのための知識はいくらあっても足りないものですよね。

14:46は自宅にて、東北方面に向けて黙祷しました。
とかく物語のように語られてしまう「あのとき」、でもそれはまぎれもない現実で。
そこから何を学ぶかは一人一人の心がけにかかっています。

  


Posted by mon-amie at 23:21Comments(0)雑談

2012年03月08日

有効に

2月最後の週末を境に、以前より晴れる日がぼちぼち増えてきました。

とはいえやっぱり曇りや雨の日の方が多いのは事実。
天気予報で晴れマークがちらっとついたりすると、必ずといっていいほど

「貴重な晴れ間を有効に活用しましょう」
「来週はまた天気が崩れます」

との訓示が添えられる。
「有効に活用」と言われるとなんだか焦ってしまい、あれやらなきゃこれやらなきゃと
朝ごはん食べたあと重い腰をあげるまでに若干パニックに陥ります。
洗濯機はもちろん容量フル稼働である。
シーツの二枚重ね干しはザラです。(場所がないから)
出歩くにはまだ少し寒いけれど、こういうときはある程度風が吹いてくれたほうが助かる。

入学試験、卒業なんかのシーズンです。
地元の高校では昨日が入学試験だったようで、授業お休みの現役高校生たちが街を闊歩していました。
買い物行こうと外に出たら、私が進もうとする行く手おおよそ50メートルほど向こうに若々しいカップルが手をつないで歩いていたので
なんとなくその二人の雰囲気を壊してしまうのが申し訳なく、直前で道を変えたりする。
甘酸っぱいなあ。
しかしたぶん、そんな二人には私の姿なんか目に入っていないに違いないのだ。

3月に入ってから、毎年恒例花粉症対策を始めました。
一日一つの錠剤を夜に。
病院に薬を貰いに行ったのですが、
「佐渡はこう見えて花粉症や喘息の人が多いんですよ」
と先生がわざわざ脅してくれました。
昨年より飛ぶ量は少ないそうなので、土地柄による単純比較はちょっと難しいかな?
いずれ快適に過ごせればなんでもいいや。

早くあったかくなれ!!


来週雪か・・・


  


Posted by mon-amie at 22:17Comments(0)佐渡の生活

2012年03月04日

うさぎまみれ

さて、不思議なダム(の看板)をあとにしてお寺へ向かいましょう。
今回お願いしたのは長谷寺(ちょうこくじ)。
有名な奈良の長谷寺を模したといわれ、807年開基の古刹です。真言宗豊山派ですが、ここの特徴は「宗派は関係なく、訪れた人全てに御利益がある」ということ。かつては日蓮上人も訪れたとされ、また瀬戸内寂聴さん(天台宗)などもいらっしゃったそうです。
国指定・県指定文化財の宝庫で、素敵な住職さんが事細かに色々説明してくださるので
その話を聞くだけでも面白いのです。(←奥様に「この人話が長いのよ・・・」と言われていたけども)
詳しく知りたい方はこちらをお読みくださいね。



牡丹を初めとし、季節の花が咲き誇ることでも有名です。

そしてこのお寺のもう一つの特徴は、うさぎです。
写真載せながらいきましょうか。



大型駐車場のいたるところでうさぎがぴょこぴょこしています。
彼らは草を食べるようにしつけられていて、駐車場の手入れ係を請け負っています。
檻の中にもいますが、とにかく至近距離で戯れることができるのだ。
こんな感じです。うさぎマニアなら悶えること必至。

外にいるけど檻の周りを離れない淋しがり屋。


いつでも丸まってる寒がりでシャイな子。


檻の中ですばしっこく動き回るが、草を食べない問題児。


追っかけっこが大好きなおふたり。


ちゃんとじゃれてくれる接客態度満点さん。


あんまり和んでしまって、これだけで悩みなど吹っ飛んでしまいそうです。
この駐車場には他にも

意外と難しい石投げゲームや、


あやかっちゃいたい鐘(見にくいけど奥の方にぶら下がっている)


一瞬見間違えるトキの彫像?も。

このあたりの森には実際トキがいるんですって。
そして小動物の天敵であるテンが裏山に生息していますが、飼い犬のコロちゃんが日々マーキングをしてこれを寄せ付けないシステムになっています。
この駐車場だけで生態系が出来上がっているのがお見事。ただし運転時には気をつけましょうね!

境内にも色々と興味をひかれるものがあるのですが、今日はとりあえず一部だけ。



まるでジブリに出てきそうな木、その名は「高野マキ」。
高さは40メートル、推定樹齢500年。
階段の横で大きく枝を広げています。



写真では全く伝わらない、そもそもアングルにおさまってくれない巨木は長谷の3本スギ。
こちらに至っては樹齢1000年です。

また、この長谷寺では子どもから大人まで楽しめる「お楽しみ人生修行 寺子屋」と題して
様々な体験コーナーを行っています。
写経や座禅や寺宝見学はもちろん、紙飛行機作り・暗闇体験・足つぼマッサージ・悩み相談・俳句作りなどなどそのメニューは20種類!!
せっかく行くならこんなのを一つやってみても記念になるかも。
来年あたりから、お寺の薬膳畑や周辺に育つ薬草を使った薬膳料理の提供も予定しているそうで、こちらも興味津々。

佐渡に来たら是非寄っていただきたいお寺の一つです。
今日はほんの一部のご紹介でした。雪が残っていて踏み込めない場所も多々あったので、また花が咲くころに訪れることにしますicon12(お寺そのものについて殆ど言及してないしicon10





  


Posted by mon-amie at 17:44Comments(6)佐渡の風景

2012年03月03日

カフェランチからの氷結ダム。

今日は朝からちゃんと起きて、色々こなせた。
一番の目的は私の厄除けでした。昨年本厄だったけれど何もせずに終わってしまい、しかしまだ後厄期間なのでやっておくことにしようと。
で、それに付随して、行きたいところへ。

まずはお昼!
またもや新規開拓のお店です。
車好きにはたまらなさそうな、Garage cafe Rennsportさん。
入口を入るといきなりこれです。



車の知識全くないのでどういう価値を持っているのか分からず申し訳ないのですが
とりあえず立ってるってのが凄い。
もう一台シルバーのかっちょいい車が置いてありました。
普通にナンバーもついてたけれど、普段遣いしてるんだろうか?

店内には車関連のポスターとか、雑誌とか様々飾ってあります。
メニュー帳はカメラ調のフォトアルバムで。



仕事してたときにちろっと絡んでた、マークスさんのコルソグラフィアシリーズだった。
相変わらずシャレてるわ。

窓際ではうさぎさんが休憩中です。



実は今日この後、うさぎには何度も会うことになるのですが・・・(多分明日の日記になる)

フォークさんもにっこり。



やさしいお姉さんが運んできてくれた、今日の私チョイスはこちらのハンバーグセット!!
この目玉焼きから流れるとろっとした黄身がデミグラスソースと絡み合う至福の瞬間といったら
そりゃあーた、じゅるっとよだれも垂れますわな。
付け合わせのさつまいも、れんこん、マッシュポテトも旨。



続きまして主人が頼んだチキンと野菜のカレー。
一口食べてはい一言、「あと3杯食べたい・・・」



このランチセットにはドリンクとデザートもついてます。
本日のデザートはとろりと濃厚なプリンでしたが、
気になったので頼んでしまった酒粕スコーン(アイスクリーム添え)もお勧めです。
デザート全部まとめて、どん。



右上にあるのは蜂蜜ですよ~。

決して大きくないお店で、私たちは開店1番に入ったので大丈夫でしたが
お昼12時過ぎたら一気に席が埋まって外で待ってる方もいらっしゃいました。
他にもパスタに各種スコーンにケーキに、それほどメニューは多くなさそうですが惹かれるものばかり・・・
お店情報は一番下に書いておきます。


腹が満たされたところでいざお寺に向かって出発したのですが、お約束の時間まで余ってしまったので
周辺を適当にドライブしていたらなにやら不思議な光景が現れました。



凍ってる水面??

別方向



興味津々で先まで進んでみると、そこはダムだったのでした。小倉川ダム。
ここ数日気温が上がってきていたけれどまだこの状態ということは、一番寒い時期は全面氷結してたのでは?と思われます。



今まで見たことの無い光景に目を奪われてしまいました。
このあたりは少々高地なので、本格的な春の訪れも少し遅いのかな。

それにしても、ここに向かう途中の不思議看板




一体何を伝えたかったのか。
気になって夜も眠れなさそうです。

というわけで睡眠不足になりそうな明日、続きをお届けしまーす。


Garage cafe Rennsport

〒952-0312
新潟県佐渡市吉岡931-13


TEL0259-55-1055

営業時間

水・木
午前11時30分~午後6時

金・土・日
午前11時30分~午後10時

定休日 月・火

夜からはお酒も出るそうです!

http://blog.livedoor.jp/mukka_mukka-rennsport/  


Posted by mon-amie at 21:43Comments(2)佐渡のグルメ

2012年03月01日

このままでは寒かろう・・・

昨日の午後から穏やかな冬晴れの佐渡。
冬晴れというよりは、すこーしずつ気温も上がってきたので
風さえなければ日なたは太陽の光が温かく感じられ、春の訪れが日に日に近づいていると感じます。
道の雪もほぼ無くなり、ブーツを履かなくても大丈夫になりました。

銀行寄りがてら、久しぶりに海岸沿いを走ってみることにしました。
びっくりするくらい穏やかで、ささやかにしゃらーんと鳴ってる波の音とさらさらの砂が
ようやくここが海であるということを教えてくれるくらいです。
あずまやで佇むには、まだちょっと寒かったけれど・・・

そうこうしているうちに地域の体育館の前に行き着きました。
そういえばここは先の震度5強の地震で、窓ガラスが割れたとニュースになっていた場所。
あれから20日たってしまったけれど、どうなっているかと思いきや





あらら、割れたまま・・・icon10

ここだけでなく、建物側面などにも穴のあいている箇所が見受けられました。
これいつ直すんだろうか?段ボールも風でパタパタとはためいているし。
建物自体相当年季が入っているように見えるので、いっそのこと建て替えちゃえば?という雰囲気もありつつ。
2月中ずっとこのままだったということは、吹雪の日なんかはどうなっていたんでしょう。
館内から声が聞こえていたけれど、普通に使用しているんだろうか。
謎は尽きませんねえ。

いよいよ今日から3月。
もうすぐ桜が、なんていう気持ちの明るくなるような話題の一方で
3.11から一年の「その時間」をどうやって迎えようか、ぼんやりと考え中です。  


Posted by mon-amie at 17:16Comments(0)佐渡の生活