スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2012年04月03日

嵐の現状

風の音にこれほど恐怖感を覚えた記憶は過去にありません。
「低気圧に一番近い島」佐渡はただいま大荒れ真っ最中。
起きていても仕方ないのですが、あまりの恐さから寝るに寝られない。
これを書きながら響き渡る轟音を聞いておりますが、風というのがこんなに多くの種類の音を持っているというのもまた新たな発見・・・って、全然そんな優雅な状況ではないのだが・・・

夕方くらいに突如の大雨から始まり、時間がたつにつれて次第に風の力が強まってきて。
家はさっきから、こちらもまるで怖がっているかのように小刻みに震えています。
窓ガラスは必死に風圧に耐えている。
外からは風だけではなくいろんな音がします。
布切れのように飛んでいったトタンを数枚見かけました。何かに当たっていなければいいのだけれど、明らかに衝突音がすごいです。何にぶつかっているのかは不明。
そしてバリバリと崩壊音も聞こえているような。
電気はたまにちらつくことがありますが、こちらは特に停電などはしていません。
ただし外を見ていると、時折遠くでぴかっと光っていることがあり、ショートしている場所もあるのかもしれません。電力会社の方は気が気でないでしょう。
うちのあたりはまだこれで済んでいるけれど、まともに影響をくらっていると思われる相川地区は大丈夫でしょうか?
ともかく真っ暗なので、明日になってみないと状況が見えません。

これから低気圧が近づく地方の方々もどうか万全の対策を取って、可能な限りリスクを避けて行動されますように。
明日の北海道地方など、天気図を見る限りかなり心配です。



気付いたら手に汗握っている。冷たい汗。

無事に夜が明けますように。



  


Posted by mon-amie at 23:59Comments(2)雑談