スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2012年07月02日

牛尾神社

佐渡には多くの神社仏閣がありますが、まだ行ったことがなかった牛尾神社。
(てか、知らなかった)
ひょんなことから訪れる機会がありまして。
あとでよくよく新潟のガイドブックを見てみたら、なんと792年(奈良時代!)創建の由緒正しき神社なのでした。ご紹介します。



こちらの鳥居をくぐっていきます。この日は雨が降っていたのですが、木々の生き生きとした緑に朱色がよく映えます。
ちなみにこのような鳥居の形は「両部鳥居」というらしい←本体の鳥居を支えるように柱があり、それにも屋根がついている。あの厳島の鳥居もこんな形ですね。

参道を進んでいきますと、右側にひときわ大きな杉の木が登場します。
おさまらない・・・





樹齢約1000年。
安産および子授けに、だそうです。え、誰のこと??
先日、島内の別のお寺でもこのような主旨(?)の木を発見しました。多いのかもしれませんねえ。

拝殿はこちら、なのですが


よくよく見てみるとこの彫刻が凄すぎる。


撮り直してこいというレベルの写真で申し訳ありません。
龍、鯉、波、鳥、狛犬 などなどこの精巧な彫刻は、明治時代に創られたものだそうですが
佐渡内外の匠が5年の歳月をかけて仕上げたとのこと。
特に塗装されたりしているわけではないので、近づくまではぱっと目に飛び込んでこないけれど
真下に立って見上げたときの豪華さといったらありません。
天気のいい日にもう一度見に行きたい。

もう一つの特徴は、本殿の隣にある能舞台です。


6月には(って先月だな)薪能が行われています。
能の島・佐渡には、かつて明治時代にはおよそ200の能舞台があったそうですが、現存するのは30ほど。それでも日本全国の能舞台のうち3分の1がここ佐渡に集中しています。
その中の本格派能舞台がこの牛尾神社のもの、ということですね。

ここまで書いておきながら、能まだ見てないのだった。

決して大賑わいの場所ではないですが、歴史に思いを馳せつつじっくりと拝観したい神社です。


ところで、この神社のすぐ近く・・・4月の日記に「道の駅 芸能とトキの里」のソフトクリームの話をちろっと書きましたが



期間限定カマンベールソフト、これ超オススメです。お立ち寄りの際にあったら是非試してみて!!


  


Posted by mon-amie at 21:21Comments(0)佐渡の風景