スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2013年05月01日

脅しじゃないんです。

昨年秋の記事で紹介しました尖閣湾。
http://monamie.niiblo.jp/e200488.html
再訪しまして、今回は海中透視船に乗ってきました。
ちょっと不安はよぎったんですけど。

船着き場の光景です。





これ写真だと全然当時の状況が伝わらないのに今更ながら愕然とするのですが、
なんといいますかちょっとこう、波が立っておりまして、繋いである船がガコンガコンと揺れていたんですよね。
追い打ちをかけるように係員のおじちゃんが、「午前中まではよかったんだけどねー」
いやちょっと大丈夫かな?と思ったのに、うちの父が「大丈夫へーきへーきさあ乗ろうよ」みたいな顔してるもんですから。

乗客5名を乗せて出航です。

決して大きくない船ですから、ガラス越しになっているとはいえ海面が近いですし波の影響をモロにうけるわけですよ。








伝わるかな・・・伝わらないですよね・・・
視界いっぱいにこの情景が広がっている様を是非想像していただきたいです。
同乗していた男性の方は、初めこそこの揺れに「おおお、大丈夫かよこれ」とコメントされていたものの
そのうち何も言わなくなってしまいました。
ただ操縦していたおじさんが至極穏やかな余裕たっぷりの表情でしたので、彼らにとっては朝飯前なんでしょうけど。
冬場のフェリーでも酔ったことのない私でさえ、下船後しばらくしたら内臓が少しおかしかったです。

ちなみにコース上で穏やかだった場所の光景↓




うん。すごく楽しかったです。
GW後半に尖閣湾にいらっしゃる方、今のところ天気は大丈夫そうなのでこういう目に遭うことはないと思いますし、安心して乗っていただきたいです。が、
船はかなり苦手ですというタイプでしたら、係の方に揺れるかどうか確認されると安心でしょう。
(ただし揺れに対する基準にはズレがあるかもしれません)

今回は聞く余裕がありませんでしたが、船内ではちらちらとユーモアを交えた詳しい説明が流れています。
また外甲板に出て海鳥に餌をやったりも出来ますので、満喫してくださいねー。


  


Posted by mon-amie at 17:10Comments(2)佐渡の風景