2011年11月08日

金のたまごたち

本日は直前になって知ったイベントを覗きに行ってきました。



佐渡市中学校音楽発表会。
こんな平日に?授業は?などと思いつつ、出向いてみました。
場所はこちら↓



佐渡には立派な音楽ホールがあるのです。
割と最近建ったのでしょうか、結構綺麗ないいホールです。
波をイメージしているのか、はたまた佐渡の山々か、
綺麗な曲線のフォルムが青空に映えます。



中に入ったところで佐渡のお知り合いの方に偶然お会いしたので、
色々お話しながら聴かせていただきました。
先ほどのプログラムの画像にもある通り、「第8回」となっていますが
これは佐渡が現在の一島一市体制になってからの名称のもののようで
実はその前から脈々と受け継がれている島の一大イベントなのだそうです。
(その方の記憶では、もう40年近くになるのでは?とのこと)
主催も共催も教育委員会ということなので、私の「授業は?」という心配は全くの杞憂だったわけですね。

プログラムを開けてみると内容は様々。
吹奏楽、混声合唱、和楽器演奏、リコーダー合奏まで沢山のジャンルの発表が行われます。
いわゆる吹奏楽祭なんかは他の地域でも多く見られますが、
こういった形態のコンサートはあまりないのではないかなあ?
合唱一つとっても、全校合唱、3年生だけの合唱があったり、
これで3年生がラストステージだという吹奏楽部もありました。
子どもの人数が減っているのは佐渡も例外ではありません。
1年生から3年生まで全員が一度にステージに上がれてしまうほどの小さな学校が多くありますが
だからこそ各地域の誇る団結力がよく見てとれました。

普段歌なんて興味ないだろうなーと思われる男の子なんかもはにかんでステージに上がっていたりして。
きっと後々振り返った時に、彼らにとっては初冬の風物詩として思い出に刻まれていることでしょう。

じっくりステージを見ていると、音楽的にキラッと光るものを見せてくれる子たちもいました。
音楽が本当に好きで楽しんでいる子は、すぐ分かるものですね。
これから先、まだまだ沢山の可能性を秘めている中学生たちが
どのような道に進んでいくかは分からないけれど、
たとえ音楽専門の道に進まなくても何らかの形で音楽に携わっていってくれればいいなと
老婆心(?)ながら思うのでした。

帰り路は海が見下ろせる気持ちいい下り坂。
本格的な冬を迎える前の、穏やかな青い海でした。



同じカテゴリー(佐渡の生活)の記事画像
路線バスのはなし
長引く梅雨どきの、あれこれ。
カエル雑記
モデルチェンジ
いつやるか?
大きくなあれ
同じカテゴリー(佐渡の生活)の記事
 路線バスのはなし (2016-05-26 15:40)
 長引く梅雨どきの、あれこれ。 (2013-07-22 22:14)
 カエル雑記 (2013-07-12 22:24)
 モデルチェンジ (2013-05-04 14:04)
 いつやるか? (2013-02-26 16:16)
 大きくなあれ (2013-02-23 22:45)

この記事へのコメント
わたしの住んでいるところ、昔は町ごとにそんな音楽祭みたいなのがありました。
小学校も中学校も統合されてきて、いまは市のイベントに数カ所の学校が発表に出るくらい。

歴史があって今も続いている音楽祭、これからも大事に開催されていってほしいですね(^_^)
Posted by でめきん at 2011年11月08日 23:17
でめきんさん>地方では・・・というか、その地域において盛んかどうかということなんだろうけど、発表の機会があるというのが実は羨ましくて。
そういう経験が実はないのですよ。
だからこのような「お祭り」は心底羨ましいし、応援したいなぁと思います。
慣れない舞台上でモジモジしている子たちが面白かった(笑)
Posted by mon-amiemon-amie at 2011年11月09日 23:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。