2012年01月15日

モノトーンの中の いろ。

受験生がセンター試験だった今日、
佐渡の朝はとても穏やかなスタートでした。
昨日降った雨で雪はほぼなくなり、秋なんじゃないかというほどの風景になっていましたが
やっぱり午後からは雪でした。

冬本番の雪国は、見える景色がモノトーンになります。
景勝地であれば水墨画そのもの。
なのでちょっとでもそこに色があると、いつもは景色に埋もれていて気付かないような色彩が
鮮烈な主張をもって目に飛び込んできます。

さながら宇宙服のごとくダウンを着込み、さらにマフラーまで巻いて完全装備。
いろ追い散歩に出てみよう。











花だけじゃなく、実もあります。
鳥が食べたりするのかな?







葉っぱだってこのとおり。




日本の象徴である松も、雪が降ると一層風情が増します。
黒い枝が雪に縁どられて、絵のように見えたりもして。




笹も寒さに耐える。




少し歩いただけでも、冬の彩りに沢山出会うことができました。
寒い寒いと嘆いてばかりではなく、こういうのもたまにはいいもんですね。





同じカテゴリー(佐渡の風景)の記事画像
アースセレブレーション佐和田編
おまつりへ。
夏至
満開ですよ!いそいで!
見返り美人
春真っ盛り
同じカテゴリー(佐渡の風景)の記事
 ブリ起こしのかみなり (2016-12-06 12:26)
 アースセレブレーション佐和田編 (2016-08-27 21:03)
 おまつりへ。 (2016-07-25 14:09)
 夏至 (2016-06-21 15:39)
 満開ですよ!いそいで! (2016-05-29 22:31)
 見返り美人 (2016-04-18 21:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。