2012年11月22日

11月、あれこれ

末端冷え性の私にはつらい日々が始まりました。
真冬になると気温は0℃近辺、そこまでいけば諦めもつくというものですが
今みたいに徐々に寒くなってきて外は断続的な雨模様、というほうが気分的には堪えます。
実はこの春に購入していた布団乾燥機、ようやく稼働しはじめました。
お休み前の15分にセットするだけで・・・なんてほんわかあったか布団になること!!
あな愉快。ふふふ。

11月は私の何度目かの誕生日がやってきました。
今は落ち着いたのですが、当日近辺は朝から晩までフル稼働していて、メールやメッセージをいただいていたのに返信できず仕舞いのままなんとなくタイミングを逃してしまい・・・
申し訳ありませんでした。遅ればせながらありがとうございます!!
学校を卒業してからこのかた、会社の勤務体系も手伝ってなかなか友人たちと会うことも出来なかった私を
見捨てないでいただいているというのは心からありがたいことだなあと思います。

主人が頑張ってご馳走してくれたバースデーディナーコース、のデザートicon28



あったかいチョコレートケーキの中からとろけ出すベリー系のソース、
添えてある冷たいアイスとからめていただく至福の一品・・・
文字の前に添えてある小さなバラは、なんとトマトの皮で丁寧に形作られているというもの。
あまりの美味しさに、主役である私そっちのけで主人はひとり別世界に行ってしまったような顔をしていました。
別に記念日じゃなくてもいいから、いつでもご馳走してくれたまえ(笑)
佐渡の食材を多く取り入れたここのコース料理、もちろん一つ一つのお料理はもちろんなのですが
パンについてくるのはバターではなく、手の込んだ豚のリエット(とオリーブオイル)。しかもおかわり可。
お口直しの柚子シャーベットもちょっと粘度のある不思議な食感でおもしろかったし、
岩のりを使った一口だけのリゾットも絶品だったなー。
ステーキには佐渡産松茸まで添えられていました。

こちらのお店は海岸沿い、以前ブログで紹介した越の松原のところにございます。
http://monamie.niiblo.jp/e143731.html
↑1,2枚目の写真に建物が写り込んでいました(^^)
元々とある宿泊施設があったのですが廃業したのち、道を挟んで隣にあるホテル Ryokan浦島(有名人が来島した際、よく宿泊されている!)がここを買い取って改装し、新館(東館)としてオープンさせたものです。
建築家の方は東京大学名誉教授で、全国の様々な施設の建築に携わっておられるようです。
佐渡に居ながらにして、まるで都会の一流ホテルのような雰囲気を味わえますが
昼間に行けば松林越しに海を望むことができるはず。
そんなわけで私たちもちょっと緊張してしまい、写真をばしゃばしゃとる気分にはなりませんでしたicon10

また行きたい!
http://www.urasima.com/laplge.html


今週末には天気予報に雪マークが登場し、晴れ間が貴重になってきた今日このごろ。
突然の雨に降られた買い物帰り、ふと振り向くと虹の断片が見えていました。



同じカテゴリー(雑談)の記事画像
ロングライド観察
お祝い
お知らせ
端から端へ! 和歌山編 完結編
世界遺産に挑む!和歌山編 その3
癒されの和歌山編 その2
同じカテゴリー(雑談)の記事
 色で気付いたよ、というお話。 (2016-12-08 16:55)
 ロングライド観察 (2016-05-17 00:11)
 お祝い (2016-04-27 13:14)
 お知らせ (2016-04-14 02:03)
 端から端へ! 和歌山編 完結編 (2014-02-10 15:16)
 世界遺産に挑む!和歌山編 その3 (2014-02-02 15:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。